Sweets Kendamas (スイーツ ケンダマ)

sweetsLogo
Sweets Kendamas (スイーツ ケンダマ)
 
設立:2010年
拠点:ミネソタ州ミネアポリス
創業者:Matt Jorgenson(マット ジョーゼンソン)
   
アメリカ初のカスタムけん玉メーカーとして誕生。
創業者のMattさん自身もけん玉プレーヤーでありながら職人でもあり、こだわりのけん玉を世に送りだすことに情熱をかけている。アメリカ大手ブランドの一つとして全米、そして全世界に影響力を持つ。

Sweets Kendamasの紹介

Sweets Kendamasとの出会いは2013年、アトランタで開催されたDAMA FESTにて。Mattさんのハンドペイントによるけん玉をプレゼントされたことがきっかけで、こだわりの強さ、そしてけん玉へのとてつもない情熱を知る。塗装の美しさを常に追い求め、グリップ力の強いものを含めたオリジナルペイントを次々に開発し、自社の職人によるペイントを施したけん玉を中心に商品展開する。

 2014年からはミネソタ州内の木工場にて製造するHome Grownシリーズもリリース。
 また、世界最大のショッピングモールの大ホールにてMKO(ミネソタけん玉オープン)を毎年開催し、各国からの参加者を集める等、世界のけん玉シーンの最先端を走り続ける。  多くの所属プレーヤーを有し、けん玉世界ランキング2015のTOP20に8名のプレーヤーが入った。

GLOKENは、Sweets Kendamasの正規代理店として商品を輸入、販売するお手伝いもさせて頂いております。
Sweets Kendamasの商品はこちらから購入していただけます。

変換 ~ sweets1変換 ~ Focus_AlexHirota_01変換 ~ max1変換 ~ Screen-Shot-2016-01-27-at-2.37.59-PM

F3(エフスリー)モデル

改良を重ねた3代目「FOCUSシリーズ」ということからF3の名前がつきました。 新しいデザインが施された「けん」はプレイの幅を広げるだけではなく、けん自体のバランスも良くなり、月面着陸などのバランス系トリックもやりやすくなっています。皿胴に開けられた糸穴に工夫をすることで一回転飛行機などのトリックの際の使用感を高めています。 そのほかの改善点は、皿胴の高さをできるだけ統一することでけん先の長さを一定にしていること、今までよりも高品質なストリングとビーズを使用していることがあげられます。 また中皿の縁に彫ってあった”Sweets”のロゴをなくし、“Cross Ken”ロゴだけをのこした新デザインになっています。

F3モデルの通販ページ:
http://www.gloken-shop.net/shopbrand/ct64/

Home Grownシリーズ

Homegrown
Sweets Kendamasの地元ミネソタ州の木工職人が作るハイクオリティけん玉。研究を重ね、細部までこだわり抜いて設計された形状が、すべての技の精度をあげてくれます。

Home Grownシリーズ通販ページ:
http://www.gloken-shop.net/shopbrand/ct34/

クッションクリアー塗装

 2016年4月にリリースした新塗装「クッションクリアー」は、けん玉を箱から出したその瞬間から、‘いい感じに育ったけん玉’の様な止まり具合を体感できるペイントです。
 グリップ力のあるマット塗装は衝撃を吸収し、バランストリック時のコントロール力を格段に上げます。
(SweetsKendamas公式ウェブサイトより翻訳)

クッションクリアーシリーズの販売ページ:
http://www.gloken-shop.net/shopbrand/ct73/

関連動画

KendamaUSAのプレーヤー

トリック解説ビデオ(How to)

関連記事・リンク

おすすめの商品

  • TK16 ORIGINAL¥1,944~

  • LEGAXIS KOI FISH - ¥7,020

  • DENDAMA Version 2.0「Gummy」シリーズ¥8,618

  • 山河 - はすかい シリーズ-¥12,960

おすすめコンテンツ