台湾は暑い!ダマーは熱い!「Taichung Ken vol.2」

GLOKENスタッフと共に台湾を訪れたコゾロフさんからのレポートです

全国のけん玉っ子のみんな!職場で「けん玉の大会に参加するので台湾に行きます。休みください」と言ったら、上司に(うわぁ・・・こいつここまできたか・・・)という顔をされたコゾロフです!

台湾ダマーTracyからお誘いいただき、4/8~9に台湾第3の都市「台中」で行われた「Taichung Ken vol.2」に参加してきました!台湾の気候はほぼ夏!当時日本はまだ冬の寒さでしたが、向こうではずっと半袖でした。
日本からはNOBさんをはじめ、多くのダマーが参加していましたよ!
本大会のフリースタイルコンテストで優勝すると「CATCH&FLOW 2017」への招待が約束される・・・ということで、フリースタイルの白熱ぶりと言ったらもうあんた!会場はものすごい歓声で建物が倒壊するかと思いました。嘘だけど。

イベントは2日間で、色々な競技・ミニゲームが行われました。大会にエントリーした日本人ダマーは浜剣の黄桜さん、JAC KENDAMAの嶋田さん、yumu KENDAMAのゆんたさん、friday kendamaの三上さん、そしてDeal With Itコゾロフの5名でした。

主な競技はこちらの4つ。
・スロットで出た技を披露するスロットマシン競争(※コゾロフ予選敗退)
・タイムを競うスピード競技(※コゾロフ予選敗退)
・女子限定ガールズバトル(※コゾロフ予選敗退)
・フリースタイルコンテスト(※コゾロフ予選敗退)・・・

ま、まあ私以外の日本勢はとても健闘してまして、ゆんた氏は見事フリースタイルで決勝戦まで勝ち上がってましたよ!
熱い戦いの末優勝したのはChenhanさん!とにかくね、めっちゃメイクしてました・・・。ガンスリンガー何回転してんだ?ってくらい回してました。で、ちゃんと刺さっちゃうんですよね・・・。
アジアのけん玉プレイヤーのレベルの高さを間近で見る感動。女の子もみんなうまい!彼らは今年のけん玉ワールドカップでも確実に上位に入ってくるでしょうね・・・!

海外イベントに行くというのはハードルが高いことだと思いますが(特に金銭面…苦笑)、行くだけの価値が確実にあります。「けん玉ワールドカップ」など国内イベントで海外ダマーとコミュニケーションすることは可能ですが、彼らのホームへ足を運ぶと、また違った一面を見ることができます。
我々日本から来たダマーが最大限楽しめるよう街を案内してくれたり、日本語で話しかけてくれたり・・・彼らのホスピタリティには感動させられ、彼らが日本に来た時には、日本での時間を楽しめるように全力を尽くしたい、と心から思います。
これを読んで少しでも興味が出たというそこのあなた。私の次の目標はMKO(ミネソタけん玉オープン)なので、是非一緒に参加しましょう!(さあ貯金だ貯金だ)

それではまた(^o^)ノ

taiwan

taiwan

taiwan

taiwan

おすすめの商品

  • TK16 ORIGINAL¥1,944~

  • LEGAXIS KOI FISH - ¥7,020

  • DENDAMA Version 2.0「Gummy」シリーズ¥8,618

  • 山河 - はすかい シリーズ-¥12,960

おすすめコンテンツ