EUROPEAN KENDAMA CHAMPIONSHIP 2019

GLOKENコータです。
6/1にデンマークのコペンハーゲンで開催された「EUROPEAN KENDAMA CHAMPIONSHIP 2019(以下EKC)」へず~まだんけ・KROMプロのイージーと一緒に行ってきました!

今回は、China Kendama Open のため香港・中国を訪問し、帰国翌日にデンマークに向けて出発という結構強烈なスケジュールでしたが、17時間の飛行機の旅を楽しみ、無事にデンマークに到着。
まず、夜9時なのに明るい、そして寒い!! 中国は30℃を超える気温の日がほとんどだったので、8℃は寒い!!笑
初めてのEKCともあり、ヨーロッパ各国、アメリカと数々の国数からプロを含めたプレーヤーが集まっていました。

初日、2日目はコペンハーゲン市内を観光しつつ、僕はEKCでのジャッジという大役があったので、それに関するミーティングやスケジューリングを詰め、いよいよ大会当日。
大会はフリースタイル(CATCH & FLOWスタイル)のルールで、予選90秒のパフォーマンス、決勝ラウンドは45秒x2のプレーヤーが1対1の対決。
会場はAbsalonsという築100年の教会をリノベーションしたコミュニティスペースにて開催されました。会場も広く、おしゃれな非常にいい場所でした。
午後になると予選が始まり、50人弱のエントリーしたプレーヤーが自分のスタイルを詰め込んだ90秒のパフォーマンスを繰り広げ、初めて見るヨーロピアンプレーヤーが、見たこともないような技を決めたりと、大盛り上がりの予選でした。

予選のジャッジは非常に難しく、5つのカテゴリー、オーバーオール(総合)・クリエイティビティ・クリーンネス(完成度、技の綺麗さ)・フロー・ディフィカルティ(難しさ)各項目50点の250満点でジャッジし、各プレイヤーのパフォーマンスが終わり次のプレーヤーが始まるまでの30秒くらいで得点を決めるのが、脳みそをフル回転させても追いつかなくなりそうになりましたが、なんとか予選を乗り切り決勝戦へ!

とはならず、予選が終わると、3時間の休憩&夕食が始まるという新しいスケジュールで進行し、決勝ラウンドが始まったのは午後20時過ぎ・・・笑

決勝ラウンドは1対1のバトル方式。予選のジャッジとは方法が変わり、ジャッジ三人がそれぞれ良かったと思うプレーヤーの旗を上げて勝者が決まります。
今回のフリースタイルバトルは、ジャッジするのが本当に難しく、接戦が多い非常に見ていて面白く、悩ましく、盛り上がるものでした。
3位決定戦のルーマニアの少年Roman vs KROMプロBONZの試合はBONZが勝利したものの歴史に残る試合だったと思います。
決勝戦は、Kendama USAプロ Wyatt vs 地元デンマーク出身 KROM プロRolf!お互い攻めまくりの、決めまくりの超接戦!
結果はWyattが2−1でEUROPEAN KENDAMA CHAMPIONSHIPの初優勝を手にしました!
この決勝ラウンドは、言葉で説明するのが非常に難しいので、ぜひこれを読んでくださった皆さんに動画を見ていただきたいです!

動画 https://www.youtube.com/watch?v=cgFouxrHrzw

今回は初めてのデンマークでしたが、いつも助けてくれる現地のプレーヤーのおかげトラブルもなく、無事に終わることができました。主催のKROMのメンバーの皆には本当に感謝です!そして、ヨーロッパで開催される大会ともあって、ヨーロッパ各国の新しいけん玉プレーヤーにも出会うことができ、非常にいい時を過ごすことができました!
来年のEKCが今から楽しみです!
(コータ)

おすすめの商品

  • LEGAXIS - ZOOM - Monoline¥5,832~

  • LEGAXIS KOI FISH - ¥7,020

  • DENDAMA Version 2.0「Gummy」シリーズ¥8,618

  • 山河 - はすかい シリーズ-¥12,960

おすすめコンテンツ