「HINODE POWER JAPAN 2019」出張レポート

GLOKENコータです。
3/27~4/2にロシアのモスクワで開催された「HINODE POWER JAPAN 2019」へず~まだんけと一緒に行ってきました!

27日の夕方にモスクワのホテルに到着し、チェックイン。無事にチェックインはできたのですが、ホテル側がパスポートを明日の朝まで返却できないと。ロシアの法律では外国人はパスポートを携帯していないと、外には出れないということで1日目はホテルに缶詰でした。ホテルでは、エレベーターが途中で止まる、コーヒー自販機でカップが出てこなくコーヒーを垂れ流すなど、ハプニングはありましたが、無事にロシアでの1日目は終了(笑)

2日目は、ロシア観光に連れて行ってもらい、クレムリンや聖ワシリイ大聖堂などを間近で見れ、ここは「ミッション・インポッシブル」で爆発したところだ!!!と勝手にテンションが上ってました笑。
夕方からは、本場のボリショイサーカスを見に行きました。やはり本場ともあって、人間が繰り出すパフォーマンスも、もちろんすごかったのですが、動物のショーは、笑いあり、驚きもありで、非常によく、特にカバを使ったパートが最高でした笑。初めてカバの裏側を見れたのもボリショイサーカスでした笑。

3日目は、リハーサルと会場の下見、そしてロシアのけん玉プレーヤーとの打ち合わせ。
ロシアのけん玉チーム「KENDAMA LAB」のメンバーとは初めましてでしたが、打ち合わせをし、そこからはもちろんけん玉タイム!フィルミングをしたり、ワールドカップについて話したり、違う国のけん玉事情など様々な話題で盛りがりました。
ベラルーシからのけん玉プレーヤーもモスクワに来てくれて、けん玉プレーヤーのフットワークの軽さと、けん玉が大好きな感じは世界どこ行っても共通なのだなと感じました。

イベントの2日間は、思っていた以上にものすごい数の人が会場に訪れ、終始会場内は様々なステージパフォーマンス、コスプレ、企業のブースで非常に盛り上がっていました。
けん玉は、ず〜まだんけステージパフォーマンスとは別に、会場の特設ブースにて、けん玉ワークショップを開催しました。ロシアのKENDAMA LABチームのメンバーと一緒に、けん玉に触れたことのない、見たことのないロシアの人たちとけん玉を通じで時間を共有し、ほぼほぼ全員が大皿に乗せれるまでけん玉で遊んでいってくれました。
ず~まだんけのステージパフォーマンスも2日とも大盛況に終わり、ロシアの日本文化が好きな人達にけん玉をたくさんアピールすることができました。

今回のロシアトリップは、はじめてのロシアで最初はいろいろな不安とともに始まりましたが、KENDAMA LABチームのメンバーや現地のスタッフさんたちのおかげでトラブルもなく、無事に終わることができました。助けてくださった皆様には感謝しかありません!これからのKENDAMA LABのプレーヤー彼らの活躍にも期待するとともに、日本にも遊びに来てくれるとのことなのでこれからが楽しみです!!

(コータ)

おすすめの商品

  • LEGAXIS - ZOOM - Monoline¥5,832~

  • LEGAXIS KOI FISH - ¥7,020

  • DENDAMA Version 2.0「Gummy」シリーズ¥8,618

  • 山河 - はすかい シリーズ-¥12,960

おすすめコンテンツ