けん玉ワールドカップ廿日市2018 結果報告

一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク(本社:長野県松本市、代表理事:窪田保、以下GLOKEN)は、2018年7月21日(土)~22日(日)廿日市市スポーツセンター サンチェリー(広島県廿日市市)において、世界5大陸18か国の地域から過去最多のけん玉プレーヤー415人(国内320人、海外95人)の参加、4万9千人(初日2万1千人、2日目2万8千人)の観客が見守る中、「ウッドワン けん玉ワールドカップ廿日市2018」(実行委員会共催、以下、けん玉W杯)を開催。

本日(22日)決勝が行われ、ニック・ギャラガー選手(米国)が過去最高得点で初優勝を果たした。昨年、日本人として初優勝し2連覇の期待がかかった金田奏(かなだ・そう)選手は惜しくも2位に留まり、地元広島出身で来場者の大声援を浴びていた乗岡信吉(のりおか・のぶよし)選手は自身最高5位の成績を収めた。また、実行委員会は、会場にて西日本豪雨の災害義援募金箱の設置、ならびに支援物質の受付をおこなった。

【けん玉W杯2018上位3位】
1位:ニック・ギャラガー選手(米国)
1,447ポイント 優勝賞金:150万円
2位:金田奏選手(愛知県出身)
1,226ポイント 準優勝賞金:30万円
3位:屋嘉比るみな選手(兵庫県出身)
910ポイント 3位賞金:15万円
※結果詳細はコチラ

【選手コメント】
初優勝のニック・ギャラガー選手は、「多くのコンペティターがいて厳しい戦いを強いられた。決勝ラウンドは日本人が19人もいて気後れしたが、米国と(自身の所属するチーム)Sweets Kendamasのためにも優勝できて嬉しい」と笑顔で話した。「けん玉好きを温かく見守ってくれる廿日市市のW杯で連覇したい」と初日(21日)に話していた金田奏選手は、「2連覇を狙ったが、優勝したニックはすごいので褒めたたえたい。支えてくれているチームSweets Kendamasと大会運営のGLOKENと関係者の皆様にも感謝したい。来年は必ず日本勢が奪還したい」と、来年への誓いを熱く語った。また、開催地の広島出身で期待された乗岡信吉選手は、「今まででのW杯で一番の成績を残せたことが何よりも嬉しい。サポートしてくれているKendama USAに感謝したい。ありがとう」と話した。

【西日本豪雨災害の義援金と支援物質】

<義援金(*1)> 201,370円
<支援物質(*2)>ペットボトル
 ・水(500mL:1,272本、2リットル:72本)
 ・お茶(500 mL:3本、2リットル:48本)
□・スポーツドリンク(500 mL:3本、2リットル:12本、粉末タイプ:15袋)
□・経口補水液(ドリンクタイプ:24本、ゼリータイプ40個)
 タオル800枚
 飲料水のポリタンク6個
 土嚢袋2,273袋

*1:廿日市市社会福祉協議会(日本赤十字社広島県支部廿日市市地区)へお届けし、日本赤十字社を通じて、被災者の生活支援と地域の復興支援のために使われます。

*2:一般社団法人広島たすけ隊と災害復興支援チームIKIMASU広島を通じて、必要とされる場所、人へお届けいたします。

【開催概要】
・大 会 名: 「ウッドワン けん玉ワールドカップ廿日市 2018」
・主  催:  一般社団法人グローバルけん玉ネットワーク
けん玉ワールドカップ廿日市 2018実行委員会
・日  時: 2018年7月21日(土)・22日(日)
・場  所: 廿日市市スポーツセンター サンチェリー(住所:広島県廿日市市串戸6-1-1)
・出 場 者:  世界5大陸18か国・地域から415人
・来 場 者:  49,000人(2日間)
・賞金総額:  2,150,000円

無事に第五回となるKWCが終わりました。廿日市関係者の皆さま、クラウドファンディングでご支援頂いた皆さま、スタッフとして身を粉にして動いてくださった皆さま、出場者来場者の皆さま、ライブ配信で観ていただいた皆さま、本当に多くの人に支えられてのイベントでした。ありがとうございました!

おすすめの商品

  • TK16 ORIGINAL¥1,944~

  • LEGAXIS KOI FISH - ¥7,020

  • DENDAMA Version 2.0「Gummy」シリーズ¥8,618

  • 山河 - はすかい シリーズ-¥12,960

おすすめコンテンツ