【公開講座】 けん玉あそびを始める際に

▶この講座の内容

けん玉を手にする人みんなが「できた」を実感できるよう、ホップ・ステップ・ジャンプの順で、段階的に一歩ずつ楽しむ考え方を紹介しています。

▶解説、まとめ

【解説】

一般的に最初の技とされる「大皿」でさえも、

・玉を、まっすぐに引き上げる
・空中にあがった玉を目で追う
・どこに落下するかを予想する
・落下ポイントに正確に大皿をもっていく
・「ひざのクッション」を使いながら、やさしくキャッチ

という、いくつもの体の動きと、脳の働きの組み合わせが完璧にかみ合って、初めて玉を皿でキャッチすることができます。
つまりけん玉は、手と目の協応動作、いえ、体全体に脳を組み合わせた全身の協応動作が必要な遊びといえます。

・「できた」を実感し、
・楽しみながら、
・段階的に、一歩ずつ、

様々な体の動きや、技を身につけ、けん玉を楽しむ人が増えてほしいと願っています。

会員登録について

けん玉あそび研究所+では、会員登録をすることで、会員限定コンテンツがご利用頂けます。 幼稚園、保育園や学童保育などの先生・指導者向けに、実践の場で活用しやすく、子ども達が楽しみ熱中できるけん玉あそび講座を、動画で多数用意しています。 また、毎月、新しい遊び方講座や、実践者インタビュー等、さまざまな動画を毎月アップロードいたします。

※2020年5月31日までは、無料で全コンテンツをご利用頂けます。
※個人、または施設単位でのお申込みとなります。
※法人で複数の施設を運営されている方は別途お問合せください。

会員登録はこちらから
利用案内・料金について
法人利用のお問い合わせ

おすすめコンテンツ

おすすめのけん玉

  • KROM - POP - ¥3,300

  • けん玉検定推奨けん玉¥2,750~

  • DENDAMA Version 2.0「Gummy」シリーズ¥8,618

  • LEGAXIS KOI FISH - ¥7,150